ホーム

恋愛とPDCAサイクルの意外な関係

読了までの目安時間:約 3分

恋愛に役立つアイデアは、心理学や恋愛ノウハウばかりではありません。

 

それらは、他の同性も簡単に思いつくだけに、すぐに同じ考え・行動様式をまねる人が増えるので、差別化できません。

 

いかに自分を特別に見せるか。

これが恋愛のもっとも重要な柱の1つです。

 

そして、この自分を特別に見せるコツの1つは、

異業種から成功事例を学び、恋愛に取り入れることです。

 

たとえば、ビジネスの世界では、PDCAサイクルという業務改善の手法があります。

 

これは、(1)Plan(計画)→ (2)Do(実行)→ (3)Check(評価)→ (4)Act(改善)

の4つの行動を繰り返すことで、弁証法的に目的達成の精度を上げていく手法です。

 

もっと咬み砕いていうと、

ロールプレイングゲーム(RPG)の主人公の成長パターンに似ています。

 

主人公は、最初はスライムなどの雑魚で経験値を積み、強くなってから

ボスと戦います。

 

同じように、恋愛も最初から高嶺の花に挑んでも、こちらの実力が足りないので、

相手にされません。

 

しかし、いろいろな女性を知るうちに、こちらの経験値が積み上がっていき、

いつの間にか昔は手も足も出なかった女性とも、対等に渡り合えるようになります。

 

まずは、自分が緊張しないレベルのそこそこの女性で数をこなして、

女性に慣れ(Plan=計画と、Do=実行)

 

成功した理由と失敗した理由を検証し(Check 評価)、

次の女性に応用します(Act 改善)。

 

いかにダメージを押さえながら、このサイクルを回せるかが、

恋愛を極める1つの極意と言えます。

 

 

 

 

上から目線で。

読了までの目安時間:約 2分

「上から目線」は、対男性では喧嘩になりますが、対女性では有効に機能します。

 

上から目線というのは、相手を自分より下に見る・扱うということですね。

からかったり、馬鹿にしたり、突っ込んだり、そういうことを平気でするということ。

 

別の言葉で言えば、必要以上に相手に気を使わない、とも言えます。

 

こんなことを対男性にしてしまうと、まず喧嘩になるか、失礼な奴として嫌われます。

しかし、意外にも相手が女性の場合、貴方と彼女の人間関係を急接近させる魔法の杖になります。

 

なぜこれが有効なのかというと、上から目線で接すると、女性の感情にアプローチできるからです。

からかわれたり、馬鹿にされたりすると、相手の女性の感情が上下に激しく動かされるわけです。

 

これは化学的には、脳内でアドレナリンなどのケミカルな物質が分泌されて、脳が興奮した状態になっています。

 

人間は、目の前の人とその時の感情を紐付けて記憶しますので、上から目線で接することで熱くなった感情と目の前のあなたが、同時に脳にインプットされます。

 

あなたも、ある特定の音楽を聴くと、その音楽を聴いていた当時の感情がどこからともなく湧いてきた経験があると思います。

 

これと同じことを、意図的に仕掛けるわけですね。

こうすることで、彼女の中にあなたという存在が、強烈に記憶されるのです。

 

つまり、こういうことを繰り返すことで、彼女の中での貴方の存在感がどんどん大きくなっていくのです。

恋愛の演出:ベストなタイミングを待つ

読了までの目安時間:約 2分

恋愛の極意の1つに、相手の気持ちがこちらに振り向くまで待てるかどうか、

ということがあります。

 

男という生き物は、一目ぼれするとがむしゃらに猪突猛進してしまいやすいものですが、

それではせっかくのチャンスの芽を自分でつぶしてしまいます。

 

なぜなら、女性と男性では異性に対して、恋愛感情が生まれるプロセスが異なるからです。

 

簡単に言えば、男は外見だけで一瞬で好きになる。女はじっくりと相手を観察して少しずつ好きになる。

このような違いがあります。

 

だから、自分と同じように相手も反応するはずだ、と勘違いしているといつまでたっても

結果がついてきません。

 

そこで、今回覚えてほしいのは、相手の気持ちがこちらに振り向くまでは、

自分の気持ちをコントロールする、待つ、ということ。

 

待つということは、とても我慢がいることで、誰にでも簡単にできることではありませんが、

このスキルを磨くことで、本来であれば無理な相手とでも、恋愛感情をはぐくむことが可能になります。

 

ですから、別の言い方をすれば、自分の気持ちとは反対の行動をする、という捉え方でOKなので、

これからは待つことを覚えましょう。

魅力的な自分を演出する

読了までの目安時間:約 2分

恋愛は、日常生活の延長線上にはありません。

それは、あくまで特別な関係であり、非日常的な時間が流れるものです。

 

これを理解しないと、日頃の身近な方々と接するような感じで、お目当ての女性に接してしまいます。

するとどうなるか。

 

彼女は貴方のことを恋愛対象に見れなくなってしまいます。

なぜそうなるのか。

 

それは、彼女の感情を動かすことができないからです。

実は女性の感情を動かすには、常識をわきまえた上で、あえて常識を破らなければいけません。

 

狙った女性に対して、非常識な接し方・言動をする。

これが、もてる男がしていることです。

 

これは理屈ではありません。

正しいアプローチを学んだうえで、実行すればただちに効果は体感できます。

 

問題は、あなたの心理的な壁だけです。

「そんなことをしたら彼女に嫌われてしまう」

 

きっと今のあなたは

こんなふうに冒険することを恐れているでしょう。

 

でも、全然大丈夫です。

感情を動かされた女性は、貴方に対してそれ以前とは違った意識を持ちます。

 

その違いを実践で学んでください。

続・外見の重要性

読了までの目安時間:約 3分

前回は、恋愛の入り口では第一印象、つまり外見が大事であり、

外見は「あなた自身」と「あなたが身につけるアイテム」によって決まる、と話しました。

 

また、あなた自身の例として、鼻毛・髪型・爪のお手入れを紹介しました。

そこで今回は、貴方が身につけるアイテムについて話します。

 

まずは服。

最重要ポイントは清潔であること。これは当たり前ですね。

 

また、サイズが合っていること。大きめのサイズは、違和感を生む元凶なので

ちょっときつめくらいでいいでしょう。

 

また、普段着のようなだらしない格好もご法度。

できるだけ自分をかっこよく見せる服を研究してください。

 

次に、靴。

 

ここにはお金をかけてください。

その理由は、女性は靴の良し悪しを一瞬で見分けられるので。

 

安物の靴と、いい靴は素材感の違いで、すぐに見抜かれます。

 

そして、小物。

 

こちらも安物は避けて、それなりのクオリティのものを用意しましょう。

何気なく財布を出したときに、ブランドものの上質な財布だったら印象がイイですから。

 

鞄も、カッコいいものを調べて揃えましょう。

安物は問題外です。すべては、女性目線で良し悪しを決めてください。

女性の店員さんに聴けば、自分で決めるよりマシなアイテムが選べます。

 

以上のようなことを意識しながら、

楽天などのネットショップの写真をたくさん見て、

カッコいいコーディネートなども研究してください。

 

じわじわと審美眼が磨かれていきます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報