デトックスダイエットとは

近年関心を集めているのは、デトックスのノウハウを使うダイエットです。果たして、デトックスダイエットとはどのような方法で行うものなのでしょう。毒素を排出するという意味でデトックスは用いられます。体内の老廃物や有害な成分を出すことを、デトックスと呼称しているわけです。水銀や亜鉛といった重金属や、食品や化粧品に含まれる添加物、食品に存在する農薬や化学物質が、体内に蓄積されている毒素です。私たちが毎日、口にしている食品には残留農薬や炭化物などの化学物質が含まれています。たとえ食事に万全の注意を払ったとしても、空気に含まれる成分までは防ぎようがありません。有害物質をたくさん蓄積し続けていると、人間本来の内臓機能や生命活動が弱くなり、代謝が下がってしまいます。体脂肪が増える理由には、代謝が下がってエネルギーが燃えづらくなることがあります。人体に留まっている有害物質を速やかに排除するため、食事や生活を改善して代謝を高めることが、デトックスダイエットの主な方法です。何かを補給するダイエットではなく、毒素を排出するダイエットであることが、デトックスダイエットの特徴的なところであるといえます。デトックスダイエットは痩せるだけではなく、美容や健康にも役立つものとして最近非常に注目されているダイエット方法です。

カテゴリー 未分類


ダイエットドリンク、利用の秘訣

ダイエットの手段としてドリンクを用いるというものがあります。ダイエット中だからという理由から、食事に代わりに専用のドリンクなどを飲み、食事制限をしている人もよく見かけます。置きかえダイエットの定番にダイエットドリンクがありますが、栄養の偏りがないよう心がけることが重要になります。生命維持に必要な成分を食事から確保するためには、量を減らした食事をしていては実行できないことがあります。健康に配慮する上でも、食事制限は問題があります。今ではさまざまなダイエットフードやドリンクなどが発売されており、人気の商品となっています。ダイエットドリンクを使って、栄養不足を補う人もいます。食事を減らしたからといって特定の栄養素が足りなくなるような事態は避けましょう。1食当たりのカロリーに合わせて、どういった栄養素が含まれているのかあらかじめよく確認してから購入するようにしたいもの。ドリンク型のダイエットフードは歯ごたえやか食感がなく、飽きてしまいやすいといいます。風味にバリエーションが多いダイエットドリンクなら、目新しい気持ちで続けやすいといいます。材料と器具を揃えることで、家でダイエッドリンクを作ることもできます。スポーツ選手などはプロテインを使った特製ドリンクを飲んでいることもよくありますが、ダイエットに活用できるケースもあります。

カテゴリー 未分類


思考の堂々巡り

人は、変化を嫌うものだ。もちろん、自分も例外ではない。しかし、現実を変えたいと思うとき、今の居心地のいい安楽椅子を破壊して、未知の世界に飛び込んでいくには勇気がいる。もともと、自分は石橋を叩いても渡らないことが多い人なので、余計に気合いが必要になる。ただ、これまでの経験上、どんなことにも慣れてしまうのが人間でもあるので、あまり考えすぎずに行動するのも1手ではある。なぜこのようなことを考えているかというと、自分が本当にやりたいトレードの運用資金が現状、枯渇しているので、追加したいのであるが、そのためには何か新しい仕事を始めなければいけないムードなのである。必要なお金は100万円であるが、すぐに用意できる金額ではないので、長期間、働かなければ準備できない。そのためには、求人情報を検索して、履歴書を書いて、面接を経て、仮に採用されれば、ゼロからの人間関係を構築しなおさなければいけない。これが手間なのである。甘えてんじゃねえよ、と言われるのは仕方がないが、本心ではやはり、再出発には抵抗がある。人生を軌道修正する、方向転換する、加速する。いい方は、何でもいいが、そういうことをもくろむ人間が、こんな弱腰ではいけないのだ。いけないのだが、一歩が踏み出せないでいる。こうしているうちにも、貴重な時間がどんどん削られているのだから、迷っている時間がもったいない。3か月後、半年後にどうなっているかはわからないが、何かが変わるように、今日も一日、全力で頑張ろうと思う。

カテゴリー 未分類


クリアリング実践日記

クリアリングとは、掃除のことです。その目的は、負の連鎖を断ち切ること。順境と逆境の2つしかない人生を、バランスの取れた状態に戻す作業のことです。使わないもの、不要なものは、そのままにしておくと、マイナスの波動を出すのだそうです。だから、引き寄せの法則の通り、類似するマイナスの何かを引き寄せてしまうのです。人生が八方ふさがりで、右を向いても、左を向いても、ため息しか出ないなら、即座に掃除を開始するべきです。しかも、唯掃除をするのではなく、使わない者は不要なものは、きちんと地元のクリーンセンターに捨てに行きましょう。自分は、先週と今週で3日間使い、過去の遺物を処分してきました。その効果はまだはっきりと実感できませんが、朝、気持ちよく仕事に取り組めたのは、良い兆候と判断できます。この後も、もっともっとゴミを捨てて、見通しの良い明るい人生に変えていきます。また、換気も重要で、1日1回は窓を開けて新鮮な空気を入れて、淀んだ空気を入れ替えています。この数日で学んだことの1つは、ストック(ため込む)よりもフロー(流すこと)が大事だということです。流れる水は腐らない、とも言われますが、まことにその通りで、停滞することは腐敗を招き、汚染を引き起こします。自分の身の回りは常に、新陳代謝を加速して、正常な状態に保ちたいものです。最初の1歩を踏み出すのは、いつも面倒ですが、一度軌道に乗れば、慣性航行で楽に進みますから、まずは勢いで何かを捨ててみることがポイントだと思います。そうすると、意外と必要なものは少ないなと気づけます。その少ない大切な何かに人生を注ぐことが、充実した人生につながると信じています。

カテゴリー 未分類


ライフスタイルの微調整

今日は、最近調子が悪かったことで遅れていた、いろいろな案件を1ミリでも先に進めるために、いつくかの工夫を加えてみた。まずは、午前中にしていた洗濯などの雑用を後回しにした。これにより、早朝の仕事と、その帰りの散歩で回転が増した脳の状態を止めることなく、活用できたような気がする。そして、昼食の前倒し。1時間早く食べて、12時に30分仮眠することで、午後からのパフォーマンス改善を試みた。結果はまあまあである。また、自分は宗教上の都合で朝と晩にお勤めをしなければいけないのだが、昨日までは一気に2回続けてやっていたが、今日は1回ずつ区切ってみた。今のところ、スタミナの消耗は通常以下である。それにしても、今日は暖かくて気持ちがいい日だ。しかし、油断はできない。天気予報によれば、明後日は気温が11度に下がると出ていたからだ。先週の気温差でやられた自分としては、今回の気温差でやられないように、気を付けなければならないと自分を戒めている。

カテゴリー 未分類


PM2.5が飛来する!

昼食時にワイドショーでPM2.5が話題ですね。これは環境汚染物質の総称で。サイズによりこのように分類されているようですね。ポイントは、非常に細かいので(ナノレベル)、マスクが効かないこと、よって外出は控えるべきとのこと。また、今回は黄砂と重なり、空中でどんな化学変化を起こすか未知数とのこと。しかも、水の溶けやすいそうなので、仮に自分の近辺に降らなくても、太平洋や日本海に落ちれば、魚が吸収して、それを食べてしまうことも考えられますね。とりあえず、吸引すると肺の奥の、肺胞まで言ってしまうらしく、そこにある毛細血管から血管に入り込み、脳梗塞や心筋梗塞になるのではないかとも、予測されています。人類が文明の恩恵を享受する代償としての、環境汚染ですが、自業自得とはいえ、なるべく最小限の被害で済んでほしいものですね。あ、今閃いたのですが、水に溶けやすいのであれば、体内に入ったPM2.5も、きれいな水を飲むことで、代謝されやすくなるのかもしれませんね。もちろん、きれいなといのは、浄水器できれいにした、という意味ですね。安物ではなく、何十万円もするような奴がベストでしょうね。無理なら、ボルビックでも代用できるかもしれませんね。自分は回帰水を取り付けていますので、そちらで体液の循環をよくしたいと思います。あと、散歩などで適度に血流を促進してやることで、毒が出るのも早まりそうな気がします。とにかく、一日も早く、どこかに消えてほしいですね、PM2.5には。

カテゴリー 未分類


捨てることと集中すること

人生は有限であり、加齢とともに時間の経過は加速する。このような状況の中で、何かを成就するためには、そのターゲットを明確にし、持てる資源を集中することが一番大事になる。あれもこれもと、どれもが中途半端に終わらないためにも、選択と集中は欠かせない。まずは、日常の中で、無駄な行動がないか、紙に書き出してみよう。そして、絶対に必要な無駄、別の言葉でいえば、趣味、生きがい、道楽、気晴らしなどだけ1つの残し、あとは諦める。捨てる。そして、残りの体力、気力、時間などの資源をターゲットにぶち込む。あとはこれを目標達成まで、継続するだけ。ここまでやれば、大抵のことは叶うはずだ。それでもだめなら、そもそも目標設定が自分に合っていないのだから、速やかに方向転換したほうがいい。どんなに頑張っても相性というものは、やはりあるのだから。で、次の目標を設定して、とりあえずやってみて、ダメならまた仕切りなおす。有限な時間と命なのだから、未練を捨てて、泣き泣き進むしかないのだ。その先にきっと、明るい未来が待っているから。

カテゴリー 未分類


トレードの反省

最近、FXで負け続けている。そこで、なぜそうなるのかを、自分なりに考え、その結果、自体が若干好転しつつあるので、その軌跡を書きとどめておきたい。まず、考えられる負け癖の1つは、ロットの上げ過ぎだった。そこで、今までのロットの3分の1に落としたところ、冷静な判断ができるようになりつつある。つまり、こうレバレッジの場合、予想が崩れた場合に、焦りが焦りを呼び、騙しにかかりやすくもなるし、いいことは何もない。これが低レバレッジなら、値動きにさらされても、比較的冷静でいられる。次に、先ほども少しふれたが、予想が崩れたら、すぐに損切りすること。これまでは、逆行したら、負けを一気に回収しようと、さらにナンピンしていたが、これだと負けたときに、とんでもないことになる。このように、少しずつ自分の悪い癖を自覚し、修正するようにしている。何事も、一気に変えようとすると、反動でさらに事態が悪化することも、あり得る。なので、今後も少しずつ変えていこうと思う。そして、必ずすごいトレーダーになる。トレンドとレンジの見極めも甘い。これは慣れるしかない。また、ときどき相場から離れてみることも大事なことなのではないかと、最近は思えるようになった。あまりに近すぎると、そのものの本質を見失いがちになるが、適度に付かず離れずの距離感でいれば、客観的な視点で相場を俯瞰できるのではないかという気がするのである。これは、相場に限らず、どんなことでもいえることではないだろうか。一時どっぷりと浸かることがあっても、途中で必ずマンネリが来て集中力が低下し、モチベーションも下がるのが世の常なのだから、適度に間合いを調整することが、なおさら要求されるのである。

トレンド相場の魅力

カテゴリー 未分類


寝坊した。

今日は、現職に就いて以来、初めての遅刻未遂でした。理由は、寝過ぎです。これだけでは意味が分からないので、説明します。実はあ、昨夜までは、綿の布団で寝ていたのですが、ここ数日の戯びしい寒さに耐えかね、羽毛布団に切り替えたのです。これが直接の原因です。つまり、羽毛布団の導入により、心地よい睡眠が訪れ、ついつい寝過ごしてしまったのです。恐ろしいことに、携帯のアラームも耳に届かず、母のもう6時だけど、いいのか?という一言で飛び起き、通常1時間かける準備を3分で済ませ、職場に駆け込んだのです。そのおかげで、遅刻1分前に、タイムカードに間に合い九死に一生を得たのです。当然職場では、この失態がネタにされ、散々屈辱的(内心は結構気持ちいいのですが)にいじられました。もちろん、食事も水も、何もかも現地で済ませることになり、久々に心機一転、新鮮な心持で仕事に就きました。今回の教訓は、誘惑にご用心、といった所でしょうか。今夜は、今朝の教訓を踏まえて、細心の注意を払い、寝床に入ろうと思います。あ、ちなみに、いつもならこの時間は眠気に襲われ、昼寝に入るころなのですが、十分寝たせいか、ほとんど眠くありません。なので、これから、ブログの更新やサイトの更新などを、まとめてしようと思います。正直、遅刻ギリギリで職場に突入するのは心臓に対する負担が尋常ではないので、今回限りで済ませたいところです。それでも、こうしてブログのネタになるので、怪我の功名というか、万事塞翁が馬というか、人生何が役立つか、何が幸・不幸なのか、一筋縄ではいきませんね。

カテゴリー 未分類


セレンディピティ。

セレンディピティとは、例えば、FXでトレードする人が、恋愛の教材を学んでいて、FXに通じる法則やコツを見つけられるスキルを指します。つまり、一見関連のないことをしている最中に、本来、予期していなかった宝物(ギフト)を見つけられる能力が、セレンディピティなのです。これは、自分の場合、異業種交流会がヒントになっています。コンビニの関係者が、不動産屋の話から、コンビニの売り場改善のヒントを見つけたり、ナンパをする人が、証券会社の人の話を聞いて、ナンパのプロセスの改善点を見つけたりという、そういう能力です。この能力は、先天的に備わっている人もいるかもしれませんが、今、現在そのような能力がないように見える人でも、毎日意識して練習していけば、必ず備わる能力だともいます。要するに、これは1つの習慣なんですね。ちなみに、このような物事の共通項を見抜く視点が身につくと、見ること聴くことのすべてが、新大陸発見の冒険のように、ワクワクしたものに変化します。未知との遭遇といってもいいでしょう。頭の中にあるコアとなる知識や経験に、外部からもたらされたネタや、突然、内部から噴出したひらめきなどが、まるで雪だるまのように、重層的に重なり、半ばオートマチックに地のネットワークが形成され続けるのですから、そのスキルの有無の差は、1週間、1か月、1年と経過すれば、厖大な差となります。ですから、気づいた人から、目の前のAとBの間に何か共通点はないかと、考えながら情報と向き合う癖をつけていきたいですね。

カテゴリー 未分類


次のページ »